RSI

RSIは、日本では「相対力指数」と呼ばれ、「相場の買われすぎ」や「売られすぎ」をみるテクニカル指標といわれています。

ちなみにボリンジャーバンドやこのRSIは、オソレーター系指標といわれています。

オシレーターは振り子のことで元の位置に戻ろうとする原理を応用しています。

RSIは、ある一定期間を対象に、前日に比べて高かったか、安かったかを基本として、その値幅も計算されます。

この数字が100%に近くなれば,買われすぎ,-0に近くなれば売られすぎということになります。

その大まかな目安として70%以上は買われすぎ,30%以下を売られすぎと判断すべきとしています。

一般的には、相場が上がれば、RSIの数値が大きくなるので{売り}、売りが下がれば、数値も低くなるので{買い}というように逆張りを仕掛けるときに使われます。

しかし、為替相場が下落をし続けRSIも30%以下になっているのに相場がさらに下がり続ける場合があります。

こういう時に中途半端な安値狙いは日足で見ている場合は数日の機会損失と数百pips早過ぎる買いを入れてしまう場合があります。

数百pipsも早過ぎる買いを入れると相場が反転する前に自分で決めている損切りラインに到達してしまい損失しか負わない場合もあります。

これは非常に悔しい結果をもたらしてしまいます。

為替相場でも株式相場でも言えることですが、反転を確認することが買いシグナルであるので、実際のRSIは先行し気味の分析ツールと見ると良いでしょう。

応用するならば、RSIで底が近いことを確認しつつストキャスティクスやMACDなどのタイミングを見計らうことが出来る分析ツールと併用することによって大底と反転上昇を狙いやすいのではないでしょうか。

継続した上昇や継続した下落に対応できない時は、反転しはじめてようやく買いシグナルであり、反落しはじめてようやく売りシグナルであることを意識しておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)