MACD

MACDもRSI、ストキャステイクス と同様に価格変動により形成されるジグザグした値動きを分析するオシレーター系のテクニカル分析です。

MACDの計算方法は難解ですが、指標の見方はそんなに差がありません。

MACDは2本の移動平均線の方向性、絡み具合に注目して売買のポイントを見つけます。

単純な移動平均ではなく指数平滑移動平均千代ばれるものが使われます。

従って、電卓をたたいてすぐに求めることができません。

とにかくこの2本の選は、1本が早く動きもう一本が遅く動くということを覚えておきましょう。

MACDのシグナルをMACDの線が超える時に買いや売りと判断するのが基本です。

しかし、これには間に合わないことが数多くあります。

むしろ、それがほとんどと考えるぐらいが良いでしょう。

では、どのように判断するかと言えばMACDの線自体が反転や反落をし始めた時です。

MACDの線がシグナルを超えなくてもMACDの線自体が反転や反落を始める時に合わせて買いや売りを入れるとその方向に動くことが多くその初動を掴むことが多々あります。

そして、MACDの線がシグナル付近に来た時に本当に超えだしたらそのトレンドは継続しやすく、シグナルやシグナル手前でMACDの線が落ちてきたり反転し再び上昇してしまうとダマシになる可能性がとても高いです。

このダマシか本当に超えてくるかを判断するのは、他の分析ツールと組み合わせることによって判断すると判別しやすいです。

買いや売りの勢いを示すDMI等を組み合わせるかローソク足をそのまま見ることによって勢いを判断する人が多数のようです。

また、タイミングとトレンドを読み解くのには強いので継続的に長期の相場が続く際には好成績を出しやすい分析ツールとなっています。

世の中の経済状況を反映している相場があればMACDを使ってみるのが良いでしょう。

荒い値動きには弱いので急に荒い動きをしだしたら他の分析ツールを使ってMACDで引き続き対応できるか検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)