一目均衡表

一目均衡表と呼ばれるテクニック分析手法は、日本人の一目山人が研究所を設立し、約2000人のスタッフとともに7年かけて成功したといわれるものです。

これまで紹介したテクニカル分析に比べると、やや複雑に見えるかもしれません。

しかし、その仕組みを理解すれば利用法は簡単です。

ぜひ習得して欲しいテクニックです。

一目均衡表はローソク足のチャートとあわせて使用されます。

チャート上に「転換線」、「基準線」、「遅行線」「先行スパンA」先行スパンB」という補助線を引いていくことで、一目均衡表が作られていきます。

一目均等表を一言で表現すると、「買い圧力と売り圧力のバランスを測る表」ということができるでしょう。

通常の相場では、買いと売りの圧力が拮抗して微妙なバランスを取りながら推移しています。

しかしそのバランスは、キレイに半々ではありません。

一方の圧力が強くなれば、それを押し戻そうと、もう一方の圧力が働きます。

このようにして相場は、微妙なバランスを取り続けているのです。

この売買のバランスを視覚的な図にしたものが一目均衡表なのです。

この一目均等表を見ると現在の売買圧力の状態や相場の流れがある程度、予測することができます。

かなり画期的な分析指標ではあるものの、一目均衡表を会得するにはさまざまな視点を持った上で分析しなければいけないために完全に会得している人は限りなく少数と言われています。

ただし、この一目均衡表を会得していると一目均衡表だけでかなりの判断が出来るので便利と言えば便利です。

また、一目均衡表を解説する原著も世の中に出回っていないので本当に勉強している人や勉強するチャンス自体が少ないという現実があります。

一目山人の遺族が経営している経済変動総研で勉強会が開催されることがあるので、この勉強会に参加して一目山人のノウハウを吸収していくのも方法としてはあります。

本当に会得するまでには時間がかかりますが、学ぶ価値は大いにある分析手法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)