トレンドラインをFXで応用する

一番簡単なテクニカル分析が、トレンドラインを用いた方法でしょう。

トレンドとは、相場が上昇局面にあるのか、下降局面にあるのか、為替相場が向いている方向のことを言います。

売買を行う場合には、まずこのトレンドを見極めることが重要です具体的に上昇トレンドの場合を例にとって見ていきます。

ローソク足のチャート上に、安値と安値を探して、1本の直線を引いて見ます。

このセンがトレンドラインで右肩上がりなら、上昇を意味し、サポートラインといいます。

線を1本引いただけで、相場の方向がわかるだけでなく、絶好の買いのタイミングをつかむことができます。

特にサポートラインは重要な買いのポイントとして使える場合が多くなります。

例えば為替レートがライン近くまで下落しても、このサポートライン付近が下値の目安になるため、ロングポジションを持つ仕掛けどころになります。

さらにこのサポートラインに対して平行に、できればそのライン上に1点でも高値が通る線を引いてみましょう。

このラインは上昇トレンドの上値の目安になります。

また、この2本の線に囲まれた地帯を現在の相場の値幅のレンジであると仮定することができます。

今度は逆に、チャート上の高値と高値を結んで見ましょう。

それが右に下がるラインになれば、下降トレンドを描くレジスタンスラインとなります。

このレジスタンスラインが下降トレンドの中で、上値のめどになるため売りのポイントになります。

同じようにこのレジスタンスラインに対して、平行に安値を通るラインで囲うトレンドのレンジを形成します。

トレンドラインは、どのくらいの時間で見るかによって、そのありようも変わってきます。

トレンドラインを引くには日足のチャートを用いるのが一般的ですが、デイトレードのような短期の売買には15分足が最適でしょう。

また、相場環境が変化した場合は短期の売買に最適な分足チャートも変わってくる場合があります。

上げ下げの激しい相場環境になった場合は1分足、5分足のより短期のものだけを使った方が判断のしやすいことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)